Q:会社設立のメリットって?

会社を設立する事による税金的なメリットがあります。

個人事業主の方が会社(法人)を設立する事によって、様々なメリットがありますが、この場では特に税金面でのメリットについてお話させていただきたいと思います。

個人事業主が獲得した利益に対しては、所得税と住民税、事業税が課税されます

。一方で法人が獲得した利益に対しては、法人税と住民税、事業税が課税されます。

仮に個人事業で1,000万円の利益を獲得できるとすると、総額で約300万円の税金が課税されます。

これが法人で1,000万円の利益を獲得するとなると、総額で約270万円の税金が課税されます。

これが一つ目のメリット、税率の差です。

 

さらに法人を設立する事で、事業主自身に給料を支払う事ができます。

給料は法人の経費になります。 例えば、1,000万円の利益を獲得できる法人が、600万円を給料として支払った場合、法人の利益は400万円、個人の収入は600万円となります。この場合の合計の税負担額は約172万円になります。 これが二つ目のメリット、事業主への給与支給です。

 

利益の規模にもよりますが、会社を設立する事による税金的なメリットとして、ご確認をしていただければと思います。